スポンサードリンク

2013年1月26日 (土)

Titanium Studioで作ったアプリをGoogle Playに登録してみました

その時に参考にしたサイトをいくつか・・・

Titaniumではないけど作業全体の雰囲気をつかむなら
http://matome.naver.jp/odai/2133863429104784901

署名ファイル(Keystore)の作り方なら
http://blog.digital-squad.net/article/274237840.html

そもそも署名ファイルが何だかイメージわかないなら
http://blue-red.ddo.jp/~ao/wiki/wiki.cgi?page=Android+%BA%EE%C0%AE%A4%B7%A4%BF%A5%A2%A5%D7%A5%EA%A4%CB%BD%F0%CC%BE%A4%F2%B9%D4%A4%A6

いよいよGoogle Playへの登録画面。その中で
「マーケティングの除外」の意味が分からないというのなら
http://d.hatena.ne.jp/adsaria/20110518/1305734496

が大変参考になりました。
皆様感謝申し上げます。

2013年1月19日 (土)

Titanium忘備録 その4 Admob module

TitaniumにAdmob moduleを導入しようと数日試行錯誤。
今となっては当初うまくできなかった理由も定かではないものの、
とりあえず現在の状況と分かったことは次の通り。

1. Tiapp.xmlに次の記述が必要
   <android xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
           <uses-sdk android:maxSdkVersion="17" android:minSdkVersion="8" android:targetSdkVersion="14"/>
           <tool-api-level>17</tool-api-level>
     </android>
 および
        <module platform="android" version="2.0">ti.admob</module>

2. Admobモジュールを呼び出すコードはExample/app.jsを真似すればOK。

3. GoogleAdMobAdsSdkをGoogleから最新のもの(たとえば6.2.1)をダウンロードしてAdmob module付属のもの(たとえば4.3.1)に差し替えると良いというネット記事もあるものの、それをするとうまくいかなくなる。(そもそもアプリが起動しない等)

4. Android SDK managerで、Packageを一通りインストール。特にTiapp.xmlに記載しているバージョンのもの。

5. Titanium SDKやモジュールのバージョンといったパラメータを変えるのであれば、Runする前にプロジェクトのbuildフォルダを削除し、エミュレータもしくは実機から一度アプリをアンインストールする方が確実。

6. Titanium SDKは1.8から3.0まで、Admobモジュールは2.0と2.0.1を試していずれの組み合わせでも動作はする模様。



2013年1月 2日 (水)

Titanium忘備録 その3 px/dp/sp

px (pixel)
ピクセル。そのまんま。

dp (もしくはdip Density Independent Pixels)
160dpi (dots per inch)を基準にした単位で1dpは160dpiの画面で1pixel。
ldpi (120dpi) で1dpiは 0.75pixel、100dpiは 75pixel
mdpi (160dpi) で1dpiは 1pixel、100dpiは 100pixel
hdpi (240dpi) で1dpiは 1.5pixel、100dpiは 150pixel
xhdpi (320dpi) で1dpiは 2pixel、100dpiは 200pixel

sp (Scale Independent Pixels)
dpと似たようなもの。フォント用。

2012年12月29日 (土)

Titanium忘備録その2 Splash Screeenサイズ

デフォルトで入っているスプラッシュスクリーンのサイズ
/Resources/android/imagesの中
全部で10種類

res-long land hdpi  800 x 480
res-long land ldpi  400 x 240

res-long port hdpi  480 x 800
res-long port ldpi  240 x 400

res-notlong-land-hdpi  800 x 480
res-notlong-land-ldpi  320 x 240
res-notlong-land-mdpi  480 x 320

res-notlong-port-hdpi  480 x 800
res-notlong-port-ldpi  240 x 320
res-notlong-port-mdpi  320 x 480

2012年11月21日 (水)

Titanium忘備録その1 Move to SD card

Titanium StudioでSDカードに移動できるAndroidアプリを作成するためには
プロジェクト直下のTiapp.xmlファイルを開いて、通常はおそらく

<android xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"/>

となっている部分を

<android xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
        <tool-api-level>8</tool-api-level>
        <manifest android:installLocation="auto">
        <uses-sdk android:minSdkVersion="7" />
</manifest>

と書き換えるとOK。

"auto"の代わりに"preferExternal"だとSDカード優先。
"internalOnly"だと本体限定。