スポンサードリンク

kujira ヘルプ (Step5: 傾き補正・切り抜きFine)

精細に傾き補正と切り抜きを行います。必要ない場合はStep1のStepのジャンプ設定で省略することができます。画像は9分割された画面に表示され、外側8画面は精細に切り抜き設定ができるよう画像の外周部分の等倍表示になっていますので、大きな画像の場合に多くのソフトで必要な「虫眼鏡ツールで画像上下左右外周部分を個別に順次拡大表示と設定を繰り返す」といった作業は必要ありません。傾き補正はマウスホイール、切り抜き範囲設定は画面内でマウスクリック(ドラッグ)で行うのが基本です。

Kujira_kujira100s4_2

・「傾き補正Fine」設定
「回転角度」角度を入力します。プラスで時計回り、マイナスで反時計回りです。画像内でマウスホイールによって回転させた場合は自動で数値が入力されます。
「グリッド表示」チェックを入れるとグリッドが表示されます。
「角度リセット」ボタンをクリックすると回転角度が0に戻ります。

・「グリッド色」設定
グリッドの色を変更できます。

・「切り抜き範囲Fine」設定
開始位置X/Yおよび幅/高さに数値を入力することで切り抜き範囲を決定します。画面内でマウスドラッグによって範囲指定をした場合は、自動的に数値が入力されます。
「全範囲選択」ボタンをクリックすると全範囲が選択されます。

・「拡大領域表示枠色」設定
9分割表示の中央画面には外側8画面が画像のどこを拡大表示しているのか領域の枠が点線で表示されています。見づらい場合には枠の線色を変更することができます。

・「切り抜き範囲表示枠色」設定
切り抜き範囲は外側8画面内に点線で表示されますが、見づらい場合は色を変更することができます。

・「次へ」ボタン
Step6へ進みます。

・「戻る」ボタン
Step4へ戻ります。

・「保存」ボタン
現在の設定で傾き補正・切り抜きが行われた画像を保存します。保存場所・ファイル名設定はStep1で行います。また、Step1で「データをクリアしてStep:1に戻る」にチェックが入っていると、保存と同時にデータがクリアされてStep1に戻ります。

・ショートカット(マウスカーソルが画像に重なると有効になります)
マウスホイール: 「回転角度」増減
左右矢印キー: 「開始位置X」増減(選択範囲の幅はそのままで左右に移動)
上下矢印キー: 「開始位置Y」増減(選択範囲の高さはそのままで上下に移動)
Enter/+/スペースキー: 「次へ」
マウス拡張ボタン1: 「次へ」
Delete/-/Backspaceキー: 「戻る」
マウス拡張ボタン2: 「戻る」

<- Step:4へ
-> Step:6へ