スポンサードリンク

kujira ヘルプ (Step1: 設定・読込)

画像データの読み込み・設定を行うステップです。

Kujira200_s1_4

 

・データの読込
「開く」ボタンをクリックしてファイルを選択するか、ウインドウ内に画像ファイルをドラッグ&ドロップします。なお、Step1に限らずどのStepでもドラッグ&ドロップで画像を読み込むことが可能ですが、その際には自動的にStep1に戻されます。

・「データ読み込み時」設定
「前回の角度/切抜き/分割設定をクリア」にチェックを入れておくと、前回読み込んだデータで作業した際の各種設定がリセットされます。複数の画像を連続して読み込んで、ほぼ同じ条件で作業を行うのであればチェックを外した方が便利かもしれません。

・「Stepのジャンプ」設定
Step1から次のステップへ移る際に、Step2/3/4/5をジャンプ(省略)することができます。

・「傾き補正時余白色」設定
Step2および5で傾き補正を行うと余白が発生します。その際の余白色を設定します。設定はStep2と5の両方に反映されます。

・「保存ファイル形式」設定
ファイルを保存する際の形式をBMP/PNG/JPGから選択します。また、JPGの場合は品質を設定することもできます。

・「ファイル保存場所」設定
ファイルを保存する場所について、元ファイルと同じ場所(フォルダ)か、任意の場所か設定します。

・「保存ファイル名」設定
保存するファイル名について、元ファイルと同じ(かつ同じ場所の場合には上書き保存にななります)か、ファイル名に任意の文字列を追加して保存することができます。

・「データ保存後」設定
「データをクリアしてStep:1に戻る」にチェックを入れておくと、Step2以降どのStepでもファイルを保存すると自動的にStep:1に戻ります。チェックを入れていない場合には、必要に応じてその画像でさらに作業を続けることができます。

・「ツールチップ表示」設定
チェックを入れておくと主にマウスカーソルが画像に重なった際にツールチップが表示されます。

・「画像読込と同時にStep2以降へ自動移動」設定
チェックを入れておくと、画像が読み込まれると自動的に「次へ」ボタンが押された状態になります。「Stepのジャンプ」設定が反映されます。

・ショートカット(マウスカーソルが画像に重なると有効になります)
Enter/+/スペースキー: 「次へ」
マウス拡張ボタン1: 「次へ」

<- ヘルプTopへ
-> Step:2へ