スポンサードリンク

Drag&Drop Renamerヘルプ(ver. 2.3.0) 1/2

定型文字列(ファイル名)を入力しておき、対応するアイコンへファイル・フォルダをドラッグ&ドロップすることでリネームを行うソフトウェ アです。3つのタブから構成されており、定型文字列30個の「大アイコン」ページが一つと、定型文字列48個の「小アイコン」ページ二つが用意されていま すので、タブを切り替えることで全部で126個まで対応しています。また、126個では足りない場合でも、定型文字列を全部まとめてファイルに保存してお く機能もあります。Vector様にて、詳細にレビューしていただきました。

Ddr230_1

(図は大アイコンのページ)

使い方1 - 基本
Ddr1210  Ddr1211
左が大アイコン、右が小アイコンの基本ユニット。
テキストボックスに文字列を入力しておいて、Rの字のアイコンにファイル・フォルダをド ラッグ&ドロップするとリネームが行われます。その際に、「拡張子を保持」にチェックが入っていると、ファイルの元々の拡張子(.txtとか.jpgと か.docとか・・・)はそのまま保たれます。チェックが入っていないと拡張子は考慮されません。拡張子が必要であれば、ファイル名として定型文字列の中 に拡張子まで入力しておかなければいけませんので、注意が必要です。

使い方2 - ファイル名データ
Ddr200_01
ここで言うファイル名データとは、全部で126個あるテキストボックスに入力されている文字列データのことです。ソフトを起動すると自動的に default.datという名称のファイルが作成され、データはそこに保存されますが、保存ボタンをクリックして他の名前のファイルとして保存すること ができます。定型文字列が126個で足りない場合に使用すると良いでしょう。開くボタンで再度読み込むことができます。「全てクリア」ボタンをクリックす ると、現在入力されている定型文字列がすべて消去されます。

使い方3 - 拡張子/拡張子を保持
2
「全てチェック」ボタンをクリックすると、126個のすべての「拡張子を保持」チェックボックスにチェックが入ります。「全て解除」ボタンをクリックすると、126個のすべての「拡張子を保持」チェックボックスからチェックが外れます。

使い方4 - ログファイル
3
チェックを入れると、ソフトウェア本体と同じフォルダの中にDDR.logというファイルを作成してログを記録するようになります。

使い方5 - 表示
4
表示に関する設定です。ウインドウのサイズは必要に応じて小さくして使うことができますが、リセットボタンをクリックするとデフォルトのサイズ (最大サイズ)に戻ります。Languageで日本語と英語を切り替えることができます(ソフトウェアの動作には関係ありません)。「常に手前に表示」に チェックを入れておくと、他のウインドウに隠れたりしなくなります。

使い方6 - リネーム後処理
5
リネームした後で、そのファイルを移動もしくはコピーすることができます。移動もしくはコピーを選択し、さらに移動・コピー先の場所を設定しておきます。

次(ツールタブ)へ・・・