スポンサードリンク

2018年6月26日 (火)

LAN DISK HDL-A2.0RT 修理メモ

LAN DISK HDL-A2.0RTの調子がイマイチということで修理依頼。
筐体に異常があるということで筐体のみ交換対応。
大体15000円くらい。
元々20000円くらいで買ったものと思えば・・・という程度。

修理後・・・
本体シリアルナンバー:以前のまま(ただしステッカーに赤点の印アリ)
MACアドレス: 新しいものに変更
内蔵HDD: 以前のまま
ファームウェア: 最新のものに更新

2017年10月28日 (土)

LAN DISK HDL-A2.0RT の中身

2年前に購入したNAS LAN DISK HDL-A2.0RTを分解してみたのでメモ。
ハードディスクはSeagate ST2000DM001
ファンはNIDEC D03R-05BS1(35mm角・そこらで手に入るものではなさそう)

ファンから異音がするようになったのでファンの電源ケーブルを抜いて起動し、今のところ普通に動作中。

2015年11月29日 (日)

KURO-DACHI/CLONE/U3買った

先日予備として持っておいたハードディスクケースを使ってしまったので、代わりにKURO-DACHI/CLONE/U3を買ってみました。で、予備とはいえ一応動作チェックはしたのですが・・・

・USB3.0が不安定?
 KURO-DACHI/CLONE/U3が悪いのか、PCが悪いのか、単に相性なのか、直接接続すると動作せず、ハブを経由すると動作する。何だかなあな状況。USB2.0なら問題なし。当然USB3.0の方が読み書きは速いようだけれども。

・説明書が英語のみ
 英語であることそのものは構わないとして、海外の説明書ってテキトーなのもあるので信用できないのがイマイチ。LEDの表示はUSB接続・ハードディスク未接続の状態で青2つと書いてあるけれど、実際は赤1つ。初期不良つかまされたかと思った。

ハードディスクを一時的に接続するためというのであれば工具なしでできるのは大変便利。とりあえず買っておいてよかったかな。

2015年10月23日 (金)

スパンボリュームと記憶域プールで速度比較

容量小さめのSSDが二つ手元にあったので、二つを合わせて多少なりとも大きなドライブとして使うことにしました。
Plexter  M5P 128GB
Intel X25-V 40GB
の二つ。
が、「コンピュータの管理」->「記憶域」->「ディスクの管理」から作るスパンボリュームと、windows8から使えるようになった記憶域プール(シンプル)と、どちらを使うべきか悩んだので比べてみました。測定条件は適当・こだわり無し。windowsは10。
Spanpool
図の上段はそれぞれ個別に測定したもの、下段はスパンボリュームと記憶域プールの比較。
SATAも2と3の混合だし、特にM5Pは単独で測定してもSATA3の割には何だか遅いけれども、目的はスパンボリュームと記憶域プールの比較。
やや誤差範囲的な気もするけれども、概ね記憶域プールの方が良さそう。ということで記憶域プールを使うことに決定。

2012年11月24日 (土)

Western Digital ハードディスクの型番メモ

WD10EARSとかWD20EARXとかウエスタンデジタルの
ハードディスクをいくつか使っておりまして、型番で
何が違うのか疑問だったので調べてみました。

型番のフォーマットはおおよそ次の通り。
WD xxxx ABCD

xxxxの部分・・・容量
単位は次のAの部分

Aの部分・・・容量の単位とフォームファクタ
A GB/3.5-inch
B GB/2.5-inch
C TB/2.5-inch
D TB/2.5- to 3.5-inch backplane adapter
E TB/3.5-inch
F TB/3.5-inch (new format)
G GB/2.5- to 3.5-inch adapter
H GB/2.5- to 3.5-inch backplane adapter
J TB/2.5-inch
K GB/2.5-inch (12.5 mm z-height)
L GB/2.5-inch (7 mm z-height)
N TB/2.5-inch (15.0 mm z-height)
S TB/2.5-inch (7 mm z-height)
T TB/2.5-inch (12.5 mm z-height)

Bの部分・・・ビジネスユニットおよびブランド
A Desktop/WD Blue; WD Green; WD Black; WD Caviar
B Enterprise/WD RE drive families (3-platter)
D Enterprise/WD Raptor
E Mobile/WD Blue; WD Green; WD Black; WD Scorpio
F Desktop NAS/WD Red
H Enthusiast/WD VelociRaptor
K Enterprise/WD XE; WD S25
L Enterprise/WD VelociRaptor
M Branded/WD Branded
N Branded Advanced Format/WD Branded
P Mobile Advanced Format/WD Blue; WD Green; WD Black;WD Scorpio
R Enterprise Advanced Format/WD RE drive families
U Audio/Video Advanced Format - WD AV
V Audio/Video - WD AV
W Enterprise Advanced Format/WD VelociRaptor
Y Enterprise/WD RE drive families (4-platter)
Z Desktop Advanced Format/WD Blue; WD Black; WD Green;WD Caviar

Cの部分・・・回転数とバッファサイズ
A 5400 RPM with 2 MB cache
B 7200 RPM with 2 MB cache
C 5400 RPM with 16 MB cache
D 5400 RPM with 32 MB cache
E 7200 RPM with 64 MB cache (<2 TB)
F 10,000 RPM with 16 MB cache
G 10,000 RPM with 8 MB cache
H 10,000 RPM with 32 MB cache
J 7200 RPM with 8 MB cache
K 7200 RPM with 16 MB cache
L 7200 RPM with 32 MB cache
P IntelliPower™/EM (maximum buffer size offered by product)
R 5400 RPM with 64 MB cache
S 7200 RPM with 64 MB cache (2 TB)
T 10,000 RPM/EM (maximum buffer size offered by product)
V 5400 RPM with 8 MB cache (Mobile)
Y 7200 RPM/EM (maximum buffer size offered by product)

Dの部分・・・インターフェースとコネクタ
A ATA/66 with 40-pin IDE connector
B ATA/100 with 40-pin IDE connector
C ATA with 33-pin connector (zero insertion force—ZIF)
D SATA 1.5 Gb/s with 22-pin SATA connector
E ATA/133 with 40-pin IDE connector
F SAS-3 with 29-pin connector
G SAS-6 with 29-pin connector
S SATA 3 Gb/s with 22-pin SATA connector
  SATA 1.5 Gb/s with 22-pin SATA connector (Mobile)
T SATA 3 Gb/s with 22-pin SATA connector (Mobile)
X SATA 3 Gb/s, 6 Gb/s capable with 22-pin SATA connector
Z SATA 6 Gb/s with 22-pin SATA connector

なお、2005年物より前は違うネーミングの模様。


2012年11月12日 (月)

Crucial m4 firmwareバージョンアップ

M5Pの前にメインで使用していたCrucial m4 64GBの
ファームウェアをバージョンアップしてみました。
まだ例の5184時間までにはしばらくありましたが、
ふと思い立ちまして・・・と調べたら、ファームウェアの
バージョンは既に0309を超えて010Gなるものに。
アップデータをダウンロードしてダブルクリックして、
ライセンスをAcceptして、とするだけ。勝手に
windowsが再起動して、コマンドラインになって
Errorとか表示されたり、何度か同じメッセージが
繰り返されたり、しばらく見た目動かなくなったり、
やや不安になったりしながらも結局無事に成功。
今にして思えばすごく簡単。
で、ベンチマーク。
左がバージョンアップ前(0001)
右がバージョンアップ後(010G)
変わるものですね。
Beforeafter

2012年10月27日 (土)

PLEXTOR M5P アライメントずれ

Cドライブに使っているSSDの容量が足りなくなってきたので、先日PLEXTORのM5P 128GBを購入しました。東芝好きとしては「これしかないでしょう」という一品です。で、せっせとデータを移して・・・と作業したのですが、いまさら引っかかるまいとタカをくくっていたアライメントトラップに見事に引っかかってしまいました。普通のベンチマーク結果は他でたくさん公開されていますが、アライメントがおかしい状態のベンチマーク結果はそれほど見かけないので、せっかくなので載せときます。半分は自分への戒めのため・・・。なお、測定条件は理想とは程遠いです。起動ドライブとして使用・アンチウイルスソフトは起動したまま等々。

左・・・アライメント調整前
右・・・アライメント調整後
M5p

2012年5月15日 (火)

システムパーティションとブートパーティション?

先日、WD10EARSが一杯いっぱいになってしまったので
WD20EARXを買い足した時のお話し。

WD10EARSの中身をWD20EARXにそのままコピーして
交換してしまおうとしました。OS(windows7)は他のドライブ
(SSD/Crucial m4)にインストールして使っているので、
全然簡単に終わるだろう思っていたところ問題発生。
WD10EARSからSATAケーブルを抜くとwindowsが起動
しなくなってしまいました。
原因はシステムパーティション。
以前SSDにwindowsをインストールしたときにWD10EARSも
接続したままだったのが悪かったらしいです。windowsが
インストールされる際には、windowsのファイル達が
コピーされる「ブートパーティション」とは別に、どのドライブ・
パーティションから起動するかという情報が記録される
「システムパーティション」が勝手に(!)作られるらしいです。
しかも目的のドライブとは別のところに・・・。
windowsをインストールする際には、インストール先の
ドライブ以外は接続してはいけないという話があるのは
聞いたことがあり、それでも、何のことやらと軽視して
いた自分が悪いのでしょうが、今回はWD10EARSに
システムディスクが作成されていた模様。なので
WD10EARSを外すと起動しなかったようです。

windowsを最初からセットアップしなおすのは面倒過ぎる
ので、結局どうしたかというと・・・
1)SSDの中身(ブートパーティション)をAcronis True Imageで
イメージバックアップ
2)SSDにwindows7をクリーンインストール(当然他のドライブ
は全部外しておいて)
3)これでSSDにはブートパーティションの他に100MB分の
システムパーティションも作られたことになるので、
4)1)で作成したバックアップをブートパーティション部分に
レストア・・・
することで、無理矢理何とかできました。

今までXPはさんざん色々ないじり方をしてきましたが、こんな
面倒なことはなかったような。たまたまラッキーだったのか、
windows7だからなのか良く分かりませんが、思わず時間が
とられてしまい、久しぶりにMicrosoftにイライラを覚えました。
別にマルチブートの設定にしていたとかいうのではないんですが。

2012年5月 9日 (水)

WD10EARSとWD20EARX

連休中に自炊をしていたところHDDの容量が足りなくなって
きたので、WD20EARXを買ってきました。
ヨドバシで10800円。ポイントが付くと思えばなかなか。
今まで使っていたWD10EARSを買った時は1TB使い切る
のだなんて何年先になるのかと思っていましたが、
時代は進むのですね。
で、せっかくなのでベンチマークしてみました。

WD10EARS
Wd10ears

WD20EARX
Wd20earx

型番のSとXが何の違いを表しているのか面倒なので
調べていませんが、この性能差、何とも微妙です。
まあ、いずれにせよ性能を求めたドライブじゃないし・・・
ですかね。

2012年4月 7日 (土)

PCがクラッシュしてしまった今日この頃

PCがクラッシュしてしまいました。
バックアップはとっておくものですね。
割とさくっと復旧できました。ありがとうAcronis。

が、バックアップをレストアしてOS(windows7)を
起動したら、デスクトップ右下に
「このWindowsのコピーは正規品ではありません」
なるメッセージが表示されるではありませんか。
ライセンス認証を済ませた後でとってあった
バックアップだったので、なんだか少し嫌な気持ちに
なりました。

結局
1.Startメニュー
2.コンピュータで右クリック
3.プロパティ
で出てくる画面(下の方)でもう一度ライセンス認証
したら無事に消えてくれたのですが・・・
たぶん前回のライセンス認証の後でHDDかSDDか
メモリか何かを増設したから(すでに記憶に定か
ではない)ではないかと思うのですが、こういう
システムのライセンス管理ってどうにかならない
ものでしょうかね。
ハードウェア構成まで監視されているようで。。。